血圧下げるサプリはこれ!

 

寒い時期は血圧が高くなりやすいため注意!

 

冬の寒い時期は血圧が高くなり、夏の暑い時期は低くなります。では、どうしてそんな現象が起こるのかを知っていますでしょうか。実はちゃんとした理由があり、寒くなると血管が緊張してしまい血液の流れが悪くなります。そうなると血圧は上昇しますが、もちろん寒い時間が続けば続くほど血圧も高い状態が続くので、それが原因となります。

 

ですので、高血圧などを患っている方は出来る限り冬は部屋を暖めたりすることをオススメします。寒いところにいる時間が長ければ長いほど血圧が上昇した状態が続くので合併症などのリスクも高まってしまいます。

 

また、寒いだけではなく急な温度変化も気をつけましょう。理由は体温が上下すると血圧が急上昇しやすくなるからです。特に臓器障害を持っている方は急な温度変化で心臓発作や脳出血を引き起こす危険性もあります。例えば冬に入るお風呂というのは急激な温度変化になりますので注意が必要になります。サウナなどが好きな方は水風呂に入るときなども気をつけるようにしてください。

 

もちろん外出の方にも気を使う必要があります。冬の時期に外出する際には出来る限り保温性の高い服装で身体を出来る限り冷やさないようにすることが大切になります。また、ホットドリンクなどで身体の内側から温めることも大事です。もちろん外出の必要がないのであれば、極力外出しないことが高血圧を悪化させない方法の一つになります。夏でも冬でもとにかく高血圧を患っているのであれば注意して生活してください。

 

高血圧は恐い!サイレントキラーと呼ばれる理由

 

高血圧は持続することで様々な病気を引き起こしてしまいますが、一番怖いのは静かにやってくるということです。別名でサイレンキラーとも呼ばれており自覚症状がほとんどなく気付かずに高血圧になってしまうことがあるのでこういった異名があります。

 

日常生活を何の違和感もなく過ごしていても健康診断で血圧値が高いといわれますし、血圧が高いという診断を受けても自覚症状がないので実感しずらいという人が多いです。放置すれば命に関わる病気になる可能性がありますので食生活などの生活習慣の見直しをする必要がありますが症状がないためにすぐに元の生活に戻る方も多いです。

 

高血圧には自覚症状がほとんどありませんが、それで放置をしてしまうと大変なことになります。高血圧の状態というのは心臓や血管に負担が掛かっている状態となりますので負担を軽減させないと、血管が破裂したり何かしらの合併症になったりして命を落とす危険性もあります。

 

とにかく高血圧の状態が続けば続くほどよくないのですが、とにかく血管に負担がかかるということは全身に影響するということを覚えておく必要があります。

 

血圧に関しましては基本的に食生活や運動などによって改善されます。薬の服用でも血圧は下がりますが一時的に下がるという場合が多いので薬を飲みつつ生活習慣を見直すということが大切です。また、栄養素のサポートとしてサプリメントなどを利用するということも是非試して見てください。

 

ストレスは血圧を上げる原因に

 

ストレスというのは高血圧の原因の一つになります。過度のストレスを蓄積しない解消法や発散方法を身につけるようにしてください。

 

そもそも私たちが生きていく中で多くのストレスを感じると思いますが、このストレスというのは高血圧など生活習慣病の原因になります。ストレスが血圧を上げるメカニズムというのは過度のストレスによる脳の視床下部や下垂体からホルモンの分泌指令が出てくる交感神経を解して身体を活動的状態にするホルモンが分泌されて心配数が上昇して血管が収縮し、血圧が高まってしまいます。

 

このホルモンが原因で高まる血圧と、さらにストレスから交感神経の刺激により血管の収縮、交感神経の緊張が腎臓のナトリウム排泄作用を低下させてしまうことで血圧上昇を促します。つまり、高血圧を改善したいと思うのでしたらストレス解消をするということは非常に重要であるといえます。

 

ちあみにストレス解消に関して、実は非常に難しいので、ストレスが溜まっている方は少しずつ発散して、ストレスを慢性的に蓄積させないようにしましょう。

 

また、ストレスを解消する為に、過食をしたり飲酒をしたりする方もいらっしゃいますが、こういった発散法を続けると、糖尿病や脂質異常症などのほかの生活習慣病を発症してしまいます。そうなると合併症である動脈硬化の進行が促されて脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まりますので、健康を考えた上でストレス発散法を探すことをオススメします。

 

高血圧になると恐いのが合併症

 

高血圧は自覚症状が少ないのでどうしても健康診断を受けて発覚することが多いですが、あまり実感がなく放置してしまう人が多いのも事実です。しかし高血圧を放置すると合併症の危険がありますので注意が必要になります。

 

では、実際にどういった合併症の可能性があるのでしょうか。最悪、命にかかわる病気もありますのできちんと把握しておくことが大切です。

 

まず高血圧による脳の合併症に関してですが脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などが挙げられます。脳内の血管に破裂や詰まりなどの異常が発生して起こり、もちろん命に関わります。また、命に関わらなくても何かしらの後遺症が残る場合がある怖い病気になります。

 

次に心臓の合併症ですが狭心症、心筋梗塞、心臓肥大症などが挙げられます。これは高血圧が原因で心臓への血の巡りが悪くなり心臓肥大から狭心症、心筋梗塞と進行します。最終的に命を落とす危険性も高い病気になります。

 

肝臓の合併症は腎硬化症、腎不全などになりますが、そもそも高血圧によって腎機能は低下します。さらに、この機能の低下で血圧は上がり悪循環となります。それが続けば腎硬化症から腎不全へ病気が進行してしまいます。

 

これら以外にも糖尿病や動脈硬化などの合併症の危険性もありますので、高血圧というのは早めに治療をした方がいいということを覚えておきましょう。また、健康診断を受ける機会がないという方もやはり定期的に自分で受けて身体の状態を知っておくということが大切です。

 

高い血圧を下げるには生活習慣の見直しが必須!

 

高血圧の改善ポイントは生活習慣の見直しとなります。それをすることで改善は可能になりますがまず最初は食生活を見直すことが第一となります。

 

そもそも見直す前にどんな成分が高血圧に影響があるのかを知っておく必要がありますが、まず塩分となります。適度な量ならいいですが過剰摂取は血圧上昇に繋がります。塩分控えめの料理などに切り替えることは血圧を下げる上で必要不可欠です。

 

次に脂肪分となりますが、主に揚げ物などで摂取されます。この脂肪分は血液をドロドロにして血管内を詰まらせ、血圧を上昇させる恐れがありますので、揚げ物も控えることも血圧を下げることに影響します。
アルコールも同様に%ak上な摂取で高血圧を招きます。付き合い程度なら問題ありませんが、毎日飲むといったような方は休肝日を作るなどをすることが大切です。

 

もちろん煙草も影響してきますが、煙草の場合は血圧だけではなく色々な影響がありますが、特に高血圧であるという方は禁煙するように心がけましょう。

 

ここまでは食材や嗜好品でしたが、生活をする上で食べ物だけではなく、適正体重を維持するということが大切になります。肥満体の方には高血圧の方が多いのでとにかく太らないようにすることが大切です。もちろん食生活を見直すことで体重も少しずつ減ってくるはずです。

 

そしてジョギングやウォーキングなどのような適度な運動をすることで血液循環をよくすることが血圧を下げるために必要になります。ただ、無酸素運動ではなく有酸素運動をするということを頭に入れておきましょう。

 

血圧下げる食事法を取り入れる

 

最近は食事にたいして欧米化が進んできていますし、食事についてのマナーに関してもしらない人が増えてきました。時間に追われる生活をしていることで、3食食べられない方だったり、腹八分に抑えているという方も少なくなっています。

 

こういった小さなことを怠って、好きな時間に沢山食べるようなことをすれば過剰摂取で高血圧のリスクが高まります。また、食事によっては高血圧だけではなく、肥満や高脂血症などの危険性もあり、放置をしておけば命を落とす危険もありますので食事には常に注意しておくことが大事になります。

 

食事の内容ももちろんですが、食事の仕方にも注意が必要です。食べ過ぎてしまったり何かしながら食べたりするということも避ければまた変わってきます。しっかりと噛む回数も増やしてゆっくり食べることで満腹感も高まるはずです。

 

また血圧にいい食材は何があるのかというと、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ペプチド、オメガ3系脂肪酸、ビタミンCが含まれている食材をお勧めします。意識してこれらの成分を摂取することでかなり変わってくるはずです。

 

そして高血圧の方は出来る限り塩分を控えることをオススメしますが、どういう風に減塩を行うのかというと、もちろん自宅での食事は塩分をなるだけ使わない料理を作りましょう。

 

それ以外でしたら加工食品を避けたり、煮物や漬物も塩分が高いので食べないようにしましょう。また、何かを茹でる際には塩を入れずにゆでたり、調味料などに関してもあまり使用しないようにすることをオススメします。

 

血圧を下げる運動を始める

 

生活習慣を整える上で重要なのが運動になりますが、適度な運動を習慣化することで高血圧を改善できることができますがこの事について掘り下げて説明します。

 

高血圧になったら降圧剤で血圧を下げることも出来ますが、そういう薬を使わないで血圧を下げたいのであれば、運動をすることをオススメします。運動をすることによって心臓や肺の働きを高めて血行促進をして体の機能が高まっていきます。続けることで血圧だけではなく、肥満、脂質異常症、糖尿病といったものなども予防することが出来ます。

 

では、適度な運動といっても何をすればいいのかわからないと思いますが、オススメは水泳やウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動をしましょう。

 

運動に関しては有酸素運動と無酸素運動があり、有酸素運動というのは酸素を取り込みながら行うウォーキングやジョギング、そして水泳などの運動であり、無酸素運動というのは筋トレなど一時的に酸素を取り込まない運動になります。

 

無酸素運動に関しては息をとめることで血圧が上昇してしまいますので高血圧であるという方にとっては危険になります。ですので、とにかく有酸素運動を行うことをオススメします。

 

もちろん無理をする必要もありませんし即効性があるわけでもありませんので30分のウォーキングなどできることを継続するということが大切になります。続けることで次第に血圧を含めた健康状態が改善していきますのでオススメです。やりすぎてもいけないのでその点は注意して始めるようにしましょう。

 

血圧を下げる飲み物:オレンジジュース

 

朝食にオレンジジュースを飲むという方が居ますが、実はこのオレンジジュースというのは非常に健康に役立つ飲み物になります。朝食で1杯のオレンジジュールを飲む習慣があるという方は毛細血管の働きが改善されて血圧が下がるとも言われているということを覚えておきましょう。

 

これは実際に研究結果として出ているものであり、オレンジに含有されているポリフェノールであるヘスペリジンが血圧と毛細血管の反応を改善することが理由であるということがわかっています。

 

このようにオレンジジュースというのは血圧を減少させる効果がありますのでとにかく血圧が高くて悩んでいるという方は朝に一杯のオレンジジュースを飲むという習慣をつけてみてください。忙しい方でも簡単ですので継続することが重要になります。ただ、過剰摂取してしまうとよくないですし、また、オレンジジュースといっても100%のオレンジジュースを選ぶようにすることも重要になります。

 

ちなみに、そんな血圧を含めた健康にいいオレンジジュースですが、他にもβカロテン、ビタミンCなどが豊富に含有されていますので、あらゆる方向からの健康効果を得ることができます。もちろんオレンジジュースを飲むだけではなく睡眠や食生活、適度な運動など生活習慣を改善することも考えればさらに血圧についても改善していくでしょう。また、血圧に関してはしっかりと毎日計って自分の血圧を把握しておくということも非常に重要なことになりますので覚えていてください。